取得費になるものは

取得費とは売った土地や建物の原価のこと。購入代金や工事代金のほか、取得時の税金なども含まれる。

(1) 取得費とは

 譲渡所得は収入金額から取得費と譲渡費用を差引いて計算します。取得費とは、売った土地や建物の原価のことです。取得費には、購入代金や工事代金のほか、取得のときに支払った税金や取得後に支払った整地費用や設備費等が含まれます。取得費になるものを下記の表にまとめていますが、これらの費用を記録し、契約書、請求書、領収証等を保存しておけば、土地や建物を売ったときの節税につながります。

(2) 建物の取得費

 建物は土地と異なり、時の経過や使用によって価値が落ちてきますから、当初の購入代金や建築費をそのまま売ったときの原価とすることはできません。そこで、減価償却という方法で価値の減少分を計算して、取得費を求めるしくみになっています。

(3) 借入金の利子

 借入金で土地や建物を取得した場合、土地や建物を使用する前の期間に対応する利子は取得費に含めることができます。たとえば、住宅を建てる目的で借金して土地を買ったが、結局、家を建てずに売ってしまった場合、土地は使用されていませんから、売った日までの期間の利子は取得費になります。

(4) 相続した土地・建物の取得費

 被相続人の取得費を引継ぎます。

取得費になるもの
(1) 土地や建物の購入代金、建物の建築費(借地権を売ったときは借地権設定時の権利金等)

(2) 取得時の仲介手数料

(3) 売買契約書の印紙代

(4) 登録免許税等の登記費用

(5) 不動産取得税

(6) 取得に当たって支払った立退料、移転料

(7) 購入のための測量費

(8) 借入金で土地・建物を取得した場合、借入のために要した費用
   (公正証書作成費用、抵当権設定登記費用、借入の担保として締結した保険契約の保険料等)

(9) 上記のほか、取得のために要した費用(購入物件を物色したときの交通費等)

(10) 取得のための借入金の利子で、土地・建物の使用開始前の期間に係るもの(住宅を建てる目的で取得した土地は、完成した建物の入居日が土地の使用開始日です)

(11) 当初から土地だけを利用する目的で、建物付きの土地を取得した場合、建物の購入代金及び取壊し費用

(12) 整地、埋立て、地盛りの費用、下水道、よう壁の設置費用等

(13) 建物の増築、改築の費用、設備費用

(注)

1.上記の各項目は消費税込みの金額によります。ただし、事業用の資産については経理処理方法により、消費税抜きの金額による場合があります。
2.事業用の土地・建物である場合、確定申告で必要経費としたものは除きます。

TOP